スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年7月 長野旅行5日目。念願の車山へ。

2014.09.22
7/25 晴れ

今回の夏休みの最後の日は、昨年から行きたいと思っていた車山へ。

ホテルで朝食をとったが、ビジネスホテルとしてはずいぶんしっかりした内容だったと思う。
6:45から朝食が始まり、開始から長蛇の列が発生。
このホテル以外のお客(バスガイドや運転手等と思われる人)も食べにきていた。

ご飯のあとは、手早く準備をして車山へ移動。
早めに出たつもりだったが、天気がよいためニッコウキスゲの写真を撮りにきたであろう観光客に先手を越され、当初駐車したいと考えていた車山肩は満車で止められず、仕方なくスカイラーナーまで行くことにした。
せっかくリフト代を節約できると思っていたのに、車が止められないのではしょうがないとあきらめた。
スカイライナーそばの駐車場も混雑していて、下の駐車場へ行くよう促されたが、誘導係の人に聞いたら1台空いているというのでUターンしてスカイライナー乗り場近くに止めることが出来た。危ないところだった。トップシーズンは侮れない。

上諏訪ステーションホテル朝食
今日の朝食。普通のホテルと遜色ない内容。
私は毎度フルーツ多め。


強清水の公衆トイレ
今日のルートはトイレがあまりないので、ドライブ途中に見つけた公衆トイレで出し切った。

2014-7nagano-kurumayama003.jpg
車山肩に駐車できなかったので、富士見茶屋駐車場に止めた。
いい天気だから遠くの山がよく見える。


2014-7nagano-kurumayama004.jpg
来て良かったね。


2014-7nagano-kurumayama005.jpg
アルプスの山並みがイイね。


2014-7nagano-kurumayama006.jpg
ここも登山道かと思い、登りはじめたが違った。行き止まりだった。
ニッコウキスゲの写真を撮りに来た人がいっぱいいた。


ニッコウキスゲが見頃
ニッコウキスゲをはじめ、いろんな高山植物のお花畑でした。


富士見茶屋



2014-7nagano-kurumayama009.jpg
遠くまで見渡せて最高だね。


スカイライナー
車に戻って、車山高原スキー場のスカイライナー乗り場へ移動。
山頂までリフトを2つ乗り継いでいく。往復1600円。
これには乗るつもりじゃなかったけど、ここしか駐車できなかったので仕方ない。


2014-7nagano-kurumayama011.jpg
仕方なく乗ったリフトだけれど、やっぱり眺めは最高ですね。


2014-7nagano-kurumayama012.jpg
学生さんがぞろぞろと渋滞しています。


2014-7nagano-kurumayama013.jpg
常に見晴らしのよいトレッキングコースです。


2014-7nagano-kurumayama014.jpg
蝶々深山へのなだらかな上り道。
直射日光で汗だらだら。
標高2000メートル近くとはいえ暑い。


2014-7nagano-kurumayama016.jpg
蝶々深山の山頂。岩がごつごつしているだけのところ。


2014-7nagano-kurumayama017.jpg
クマも一緒に登ったよ。


2014-7nagano-kurumayama018.jpg
来た道を戻ります。


2014-7nagano-kurumayama019.jpg
どこまでもなだらかな草原。


今回の旅行で行った山はそれぞれ雰囲気が全く異なるということがわかりました。
行く前は、白馬の八方池が最も行きたい所でした。
着いてみると池自体は大きくないものの、目の前に広がる大きな山は思っていた以上の景色でした。
また、栂池はおまけで行くくらいに考えていましたが、行ってみたら思いがけず自然の宝庫であることがわかり、熊の糞なども見つけたりとちょっぴりスリルもあり(内心は恐怖でしたが)、行っておいて良かったという結論です。
それから雨天のため黒部ダムの観光のみで、立山室堂からのトレッキングは果たせませんでしたが機会があれば行きたいです。
車山は登山のガイドブックで見て、昨年から行きたくてウズウズしていたところでした。できればレンゲツツジが咲く6月下旬に行きたかったのですが、梅雨の時期でタイミングが合わず、今回の旅行に組み入れた次第です。
行ってみればニッコウキスゲのベストシーズンに重なり、天気も最も良かったため最高の景色を見ることが出来ました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。